ネタバレ感想「ペンペンペナルティ 箱入り娘たちをHにオシオキ」評判・口コミ

 

「ペンペンペナルティ 箱入り娘たちをHにオシオキ」

評判・口コミ

↓ 詳細はコチラ ↓

ペンペンペナルティ 箱入り娘たちをHにオシオキ

 

主人公のプレイヤーは、お嬢様大学(清純大学:せいじゅんだいがく)の教授にして、生活指導のプロフェッショナルとしても活躍しています。

名前は、三間坂隼(みまさかしゅん)。

ある日、新入生として3名のお嬢様が主人公のところにやってきました。

とても癖の強いお嬢様たちと過激なエロ三昧な生活が始まります。

そんな彼女たちに楽しい性教育の教育指導が繰り広げらます。

 

塾バレやユリキラーの時の背徳感が一切ない、キテレツ設定のラブコメは最高です。

すべてのキャラは本当にすごく良いし、個性に満ち溢れています!
ただできればニーナさんみたいなのは敵キャラにして堕として欲しかった。

抜きゲーとして考えて絵とHシーンは一定の水準超えてきたので良かったです。

絵が気にいったので購入しました。エロはいきなり挿入はなく順序?を踏んでいきます。選択しもやや簡単なのでコンプも容易でした。

陵辱の様相はないです。

反抗するヒロインに多少強引に快感を教え込むジャンルなので、男性本位のある程度のSMプレイを取り入れた抜きゲーというイメージです。

ただ、本番とともに乱交、複数の男に奉仕するシーンもものすごくエロくて必見です。

また、大真面目におっさんが考えたようなバカなネタを突っ走る作品だという

本作ならではのカラーも存在したりするのですけど、タイトルを見たら大体わかりますね

詳細はコチラをご覧ください

↓ ↓ ↓ ↓
ペンペンペナルティ 箱入り娘たちをHにオシオキ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。