抜きゲー傑作「家属〜母と姉妹の嬌声」家族調教エロゲーの感想・評価

   2020/01/23

家族調教エロゲー
「家属〜母と姉妹の嬌声」
感想・評価・評判

↓ ↓ ↓ ↓
「家属〜母と姉妹の嬌声」
詳細とダウンロード

bishop作品の中でも超絶な抜きゲーだと言えるでしょう。

自分の中でこの作品に対するハードルが下がっていたからかも知れませんが非常に良い。

いつも通りの安定したbishop作品でよいオカズになりました。

「館」とていう作品以来となる「家族調教系エロゲーです。

家族(義母,義姉,義妹)に対してムラムラしていた主人公が、

父の浮気を認識して我慢の限界を越えてしまいました。

義母と義姉と義妹の3人を自分の女にして家族への調教をメインとし、

義母の勤め先の部下や義妹の同級生JKもサブヒロインとして攻略し、

ハーレムを築いていきます。

 家族調教が多いので、シチュエーションは自宅内が多いです。

姉妹丼や母娘丼などの複数人プレイは必見!

エロ度が際立っていて、この充実ぶりはプレイしないのはもったいない。

 ゲームシステムは「修羅の痴漢道」「三射面談」or「裏教師」。

一覧表示されるヒロイン達の中から午前・午後・夜・深夜の4段階で、

家族の他にサブヒロインも攻略していきます。

 Hシーンに関しては、

メインの家族(義母,義姉,義妹)は大ボリュームです。

サブヒロインは半分以下のボリュームに格差がありますが、

ハーレムHも大いに満喫できます。

家族のみと母娘トリプルフェラ、全員集合ハーレムH、ボテ腹射乳など、

抜き度が最高潮ですから楽しめます。

複数人プレイが充実した分、ハーレムエンドは若干の物足りなさを感じるかもしれません。

ともあれ、メイン格のボリュームはしっかりありますし、

サブ組もある程度のHシーンがあるので、

全体としては大いに満足できます。

 注目するべきHシーンの数々。

【1】トイレや台所などでのHシーンがある他、

深夜に主人公がヒロイン達の所に夜這いするシチュエーション。

【2】ボテ腹エンドが解放され、再調教枠をコンプする事でノーマルエンドが発生。

再調教で更に精液漬けにしてから、妊娠・ボテ腹エンドになる流れが自然なので、

この構成にしたのは体感的には興味深いです。

【3】メインヒロインの姉妹丼、母娘丼で複数人プレイ、他人丼調教。

各ヒロインの組み合わせ別に、更なる3P調教イベントや3P再調教イベントなど、

より多くの複数人プレイがあったらより良かったと思います。

詳細とダウンロードは以下をクリックしてご覧ください。

▼詳細とダウンロード▼
「家属〜母と姉妹の嬌声」

キャラクター

渡瀬 凪沙 (わたせ なぎさ)

可愛らしくて温和な姉
渡瀬 凪沙 (わたせ なぎさ) CV:海乃シオ
身長:158cm/ スリーサイズ:B89(F)/W59/H88/

一家の長女。主人公より一つ年上なので姉となる。あどけなく可愛らしい容姿と、優しく天真爛漫な心を持っている美少女。
見た目通りほんわかとして朗らかな性格で、怒ることはめったにない。家では家事の多くを請け負っており、そのどれもをこなす。
しかし、割とそそっかしくてところどころ抜けており、よく妹にフォローされている。
父を亡くして母と妹と力を合わせて生きてきたため、家族に対しての思い入れは強く、姉として、妹や新しくできた弟をとても大事にする。

「それじゃあ頼れるお兄さん、楓夏ちゃんをお願いね。お姉ちゃんは美味しいご飯を作ってます」

渡瀬 楓夏(わたせ ふうか)

活発で家族思いの妹
渡瀬 楓夏(わたせ ふうか) CV:八尋まみ
身長:155cm/ スリーサイズ:B87(E)/W58/H86/

一家の次女にして末っ子。主人公より一つ年下なので義妹となる。やや勝ち気な顔つきの美少女。活発で感情豊かで物をハッキリ言う性格。
しっかり者でよく気が利くため、周りの友達から頼られ慕われている。家の中では末っ子らしい奔放さと甘え上手な面を見せたりもする。
気の強い一面もあるが、姉と同じく内面は優しくて非常に家族思い。学園では熱心に部活動で競泳に打ち込んでいるその一方で、学業成績の方は散々。
赤点を取ることもままあったが、今は兄であり同じ学園に通う先輩でもある主人公に勉強を見てもらい、どうにか免れている。

「あたしね、兄さんが兄さんになってくれてよかったって、本当にそう思ってるんだ」

渡瀬 乙葉 (わたせ おとは)

美しく心優しい母
渡瀬 乙葉 (わたせ おとは) CV:野々村紗夜
身長:166cm/ スリーサイズ:B93(G)/W60/H94/

一家の母親。まだ30代半ばと若く、キリッとした美貌とグラマラスな身体を持つ美女。仕事中はクールで厳しく隙がないキャリアウーマンとして周りから恐れ敬われているが、
家では力を抜いて、冗談を言ったり優しく柔らかい表情を見せる、剛柔併せ持った人物。家にいる時の方が素であり、本来は明るくおおらかで、ソファーでうたた寝してしまうなどやや雑な所もある。
早婚で姉妹を産み、末娘の楓夏の物心が付く頃に前夫と死別して未亡人になる波乱の人生を歩んできたが、亡夫と作った蓄えと娘二人の支えもあり、母子家庭であっても満たされた生活を送ってきた。
それ故に家族に対する思いは強く、姉妹のどちらの行事への参加も欠かさないし、自身の生きがいにしている。現在の夫である欽二を愛しており、その連れ子である主人公も自分の息子として実子と分け隔て無く接している。

「これでも結構勇気を振り絞ったのよ?さっき言った通り、男の子を元気づけるなんて全然経験ないから・・・・・・・」

田浦 真穂 (たうら まほ)

生真面目な乙葉の部下
田浦 真穂 (たうら まほ) CV:杉原茉莉
身長:162cm/ スリーサイズ:B90(F)/W61/H93/

乙葉の腹心の部下。生真面目で落ち着いた大人の女性で、やや堅物気味。正義感が強く行動力もあり、しっかりした性格のため気も強く見られがちだが、
気性は至って穏やかで、トラブルに弱く脆い一面もある。仕事場での乙葉が唯一、素の姿を見せられる相手であり、信頼関係は強い。
乙葉とはプライベートでも関わりがあり、凪沙や楓夏とも顔を合わせている。
主人公が乙葉に手を出す場面を覗き見てしまったことを切っ掛けに、主人公を止めようと独自に行動を開始する。

「久しぶりの乙葉さんからのお誘いですので、少し、羽目を外させてもらおうかと・・・・・・」

富沢 絵莉栖 (とみざわ えりす)

負けず嫌いのお嬢様
富沢 絵莉栖 (とみざわ えりす) CV:綾音まこ
身長:157cm/ スリーサイズ:B85(D)/W57/H88/

楓夏の同級生であり友人。主人公にとっては後輩に当たる。国内でも有数の富豪の家の娘で、生粋のお嬢様。
立ち居振る舞いは洗練されているが、性格は勝ち気で負けず嫌いで熱血気質。自分の生まれの良さを誇っており、それを鼻にかけたお嬢様らしい態度を取るものの、
性根はわかりやすく善良であるため周りからは嫌味には取られず、微笑ましく思われている。競泳部に所属しており、部活において楓夏とはよきライバルとして何かと競い合っている。
主人公に凌辱されたことにより楓夏に生じた変調に気づいて、家族の調教劇に首を突っ込むことになる。

「あら、ようやく私に気づきました?おはようございます、お兄様」

渡瀬 欽二(わたせ きんじ)

渡瀬 欽二(わたせ きんじ)
身長:170cm

主人公の父親。乙葉とは別の中小企業で働くサラリーマン。
外面がよく、自分を大きく見せるのが上手いが、実態はさして能のあるわけでもない小男。前妻が浮気の果てに蒸発したため、
残された息子である主人公を片親ながら育ててきた。といえば聞こえはいいが、実情は自身の親に世話を任せきりだった部分が大きく、
主人公との間に親子としての信頼関係はほとんどない。乙葉とは取引先で知り合い、同じ年頃の子供がいる片親という立場で意気投合して交際、結婚に至る。
が、年下の女性である妻の持ち家に転がり込み、稼ぎすら劣っている現在の生活に自分の立場がないと思っている。
そんな折に仕事で舞い込んできた単身赴任に飛びついて家を離れ、さらには浮気までしてしまう。

渡瀬 逸樹(わたせ いつき)

主人公
渡瀬 逸樹(わたせ いつき)
身長:172cm

1年前に父親の再婚によって、ヒロイン一家と家族になり共に暮らすことになった男子学生。
新しく家族となった相手が全員女性であったせいで、いたずらに欲望を刺激されて悶々とする日々を過ごす。
彼女達に性欲をぶつけることは堪えていたが、ある日父親が浮気していることを知ったことを切っ掛けに
欲望を我慢する必要などないのだと考えるようになり、家族を自分が手に入れようと動きだす。楓夏と同じ学園に通っており1年先輩。成績は中の上。
目的のために手段を選ばない一面があり、父と二人で生活していた頃は、欲しいものを手に入れるための盗みや、
敵対した相手に対する暴力の行使など、問題行動を起こしていた過去がある。この過去のことは新しい家族には話していない。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。